ゴンの優しさは本心だと信じていたミヨン。

 

 

すべては子供のため。

 

 

子供がいなかったらあなたにとっては関係のない存在だったミヨン。

 

 

しかしゴンにとっても、ミヨンは特別な存在になっていたのでした…。

 

 

すれ違う二人の思いは通じ合うのか?

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

 

↓↓↓

 

運命のように君を愛してる 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見どころをご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

 

↓↓↓

 

 

 

運命のように君を愛してる 第7話 韓国ドラマ あらすじ


 

 

自分の目の前でミヨンを抱きしめるダニエル。

 

 

すぐに駆け寄り、どういうつもりだとミヨンを離します。

 

 

しかしゴンに対しミヨンを泣かせたのは誰のせいだと聞くダニエルの言葉に、なぜ泣いているのかわからないのでした。

 

 

ゴンは立ち去るミヨンを追いかけ、何があったのかと聞きますがミヨンは答えようとしません。

 

 

ダニエルとのことが気に入らないゴンは、品位を持てと言いつけます。

 

 

しかしミヨンは、裏切られた思いで反論します。

 

 

何のことがわからないうえ、いつもと違うミヨンにゴンは戸惑います。

 

 

「あなたにとって私はなに?」と聞くミヨンに、「大事な子供の母親だ、子供が生まれるまで心と体に気を付けて。」と分かりきった答えが返ってきます。

 

 

それだけなんだと改めて実感したミヨン。

 

 

子供がいなければゴンにとって自分は無意味な人間だと思い知らされました。

 

 

一人泣くミヨンにそっと寄り添うダニエル。

 

 

これからどうしたらいいかと、助けを求めます。

 

 

まだダニエルを神父様と思い込んでいたミヨン。

 

 

ついに自分は神父じゃないと告白します。

 

 

いつも辛そうなミヨンの力になりたくてずっと言えなかったと、だますつもりはなかったと謝ります。

 

 

またも裏切られたと感じたミヨンでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓

 

 

 

その頃ゴンの会社では、工場の売却の件が売上不振に繋がると心配されていました。

 

 

新製品で取り返すと意気込みましたが、ゴンの会社とコラボする相手側にまだ会えなかったと、次の機会を設けようとします。

 

 

その相手とは展示会で会うはずでしたが、ミヨンの一件があって会えなかったのでした。

 

 

家に戻り、ゴンはミヨンの機嫌を直そうとケーキを用意していましたが、ミヨンは大きな荷物を抱えて家を出ようとしていました。

 

 

一緒にいる必要はない、と今までとはまるで違う態度を取るミヨンに、意地を張って止めないゴン。

 

 

一人でヤケになり、ケーキを頬張るのでした。

 

 

家を出たミヨンは、カフェの前を通りダニエルに会います。

 

 

大きな荷物を抱えるミヨンにどこか行くのかと聞かれます。

 

 

神父ではないことを黙っていたダニエルは、ミヨンに謝りたくてお店の電光掲示板でごめんなさいのメッセージを用意していたのです。

 

 

ミヨンは笑顔になります。

 

 

自分も、何も知らないダニエルに話を聞いてもらって悪かったと、感謝しているといい、二人は仲直りします。

 

 

夕食の支度を待つミヨンは、ダニエルの描いたイラストを見つけました。

 

 

幼いころに別れた妹の絵で、探していること、名前は自分と同じキム・ミヨンと教えてもらいました。

 

 

二人は、これからは兄妹のように助け合おうと関係を約束しました。

 

 

そして、ダニエルは兄として、ゴンが心配しているだろうとミヨンに家に帰るように言いました。

 

 

ゴンはミヨンのことが心配でいてもたってもいられず家の前で待っていました。

 

 

帰ってきたミヨンに心配したと怒りますが、お腹の子のことだと素直になれませんでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓

 

 

 

ある日、ゴンの会社とコラボする相手方がやってきました。

 

 

この間の展示会で会えなかったので、このチャンスを逃さぬようにと慎重です。

 

 

そこに現れた相手方とは、なんとダニエルだったのです。

 

 

コラボすることを引き受けたダニエルの目的とは…?

 

 

またある日、ミヨンの姉夫婦が家に遊びにやってきます。

 

 

石鹸工場が今大変なことになっているとも知らず…。

 

 

二人の仲を怪しまれないよう必死でした。

 

 

4人で遊覧船に乗ろうと誘われますが、ゴンは忙しいからとミヨンは強引に断り、3人で出かけてしまいます。

 

 

どこか寂しそうなミヨン。

 

 

しかしゴンは来てくれていました。

 

 

「一緒にいる間は俺を頼れ」と。

 

 

ゴンはもうミヨンに気持ちが傾いているのでした。

 

 

しかし、かつてゴンの方から離婚合意書まで用意され、拒否されたミヨンは戸惑いました。

 

 

「どれが本心なのだろう。」と。

 

 

なぜ工場を廃棄物処理場を作る会社になんて売ったのかと、初めてゴンに聞いたのでした。

 

 

ミヨンがその事を知っていると思わなかったゴンは驚きましたが、そのことで様子がおかしかったのかと納得します。

 

 

きちんと説明しようとしたとき、近くで聞いたミヨンの姉夫婦は怒ってゴンにつかみかかります。

 

 

話を聞く様子もありません。

 

 

そのとき、臨月の姉は産気づいてしまうのです。

 

 

船の中ですぐに病院に向かうことが出来ず、医者はいないかと探し回るゴンでしたが見当たらず、自分がやるしかないと自らお産を手伝います。

 

 

そして、ゴンのおかげで無事に赤ちゃんを産むことができました。

 

 

病院で姉夫婦、ミヨンの家族たちに感謝されるゴン。

 

 

実は工場も売っておらず、島には人々が快適に暮らせるように住民センターが建てられることになったのです。

 

 

これにはミヨンも驚き、やっぱりゴンを信じてよかったと思うのでした。

 

 

その夜、ゴンはミヨンが家に来て以来ソファで寝てることを気にして、今日からベッドで寝るようにと声をかけます。

 

 

代わりにゴンが狭いソファで寝ることに。

 

 

なかなか寝付けないところにミヨンからお礼と一緒に、これから子供が生まれたら去って、迷惑はかけないから心配しないでと、メールが届くのでした。

 

 

縮まらない距離にゴンは、曖昧にしていられないとついにセラのところへ話に行く準備をします。

 

 

またある日の夜、ゴンはどこからか聞こえる不気味な声に驚き部屋を探します。

 

 

ミヨンが胎教のためにと絵本を読んでいる声でした。

 

 

胎教には父親の低い声の方がいいと聞くとゴンは受け入れて絵本を読んでくれるのでした。

 

 

おやすみと別れようとしたとき、ゴンはソファで寝ているせいで腰を痛めたと言います。

 

 

ミヨンは自分がソファに戻ろうとすると、妊婦だからダメだと言われ、 平等に一緒にベッドで寝ることになります。

 

 

お互い、意識はしてないと言い聞かせ平気なフリをしますがなかなか寝付けず、寝返りでお互いを近くに感じ、たまらずミヨンはソファに戻ろうとしますがゴンはグッと引き寄せるのでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓

 

 

 

運命のように君を愛してる 第7話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

なぜミヨンの態度が違うのかわからないゴンが、機嫌直しにケーキを買ってくるあたりがかわいいです。

 

 

しかし、ミヨンは信じていただけに裏切られたと感じた途端、ゴンを拒否します。

 

 

反撃ですね!!

 

 

ゴンは目に見えるようにどんどんミヨンに気持ちが傾いています。

 

 

寄り添おうという気持ちが溢れてきましたね。

 

 

だからこそミヨンは、戸惑うのです。

 

 

優しくされればされるほど、自分はゴンに迷惑をかけないようにと…。

 

 

二人のすれ違いが見ていて歯がゆいところです。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓

 

 

 

運命のように君を愛してる 第7話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

ゴンは、工場の跡地が廃棄物処理場になるなんて思ってもいなかったわけで。

 

 

ミヨンや島の人たちを悲しませまいと、内密に処理していたのに…。

 

 

あぁ、ミヨン違うんだよ!と教えてあげたかった(笑)

 

 

でもちゃんと島のために動いてくれたゴンでした。

 

 

惚れますね~。

 

 

次回はいよいよ、セラが登場ですよ!!

 

 

波乱の予感です(>_<)

 

 

次回の第9話のあらすじやネタバレはこちら

 

↓↓↓

 

運命のように君を愛してる 第8話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見どころをご紹介!

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓