ンタクのピンチに、キムシンはどこからともなくやって来て助けてくれます。

 

 

死神とのコンビもおもしろいですよね!

 

 

たまに、顔芸の能力を発揮するキムシンさん(^o^)

 

 

本当にキュートです(*^^*)

 

 

いよいよ、死神とチキン店オーナーのサニーが出会います。

 

 

話はますます膨らんでいく予感!楽しみです\(^o^)/

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

↓↓↓

 

トッケビ ~君がくれた愛しい日々~ 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

↓↓↓

 

 

 

トッケビ ~君がくれた愛しい日々~ 第3話 韓国ドラマ あらすじ


 

 

借金取りに拉致されたウンタクを助けにきたキムシンと死神。

 

 

キムシンは、ウンタクと借金取りが乗った車を真っ二つに割ります。

 

 

ウンタクが座っていた側は死神が手で押さえ、借金取りが座っていた側はそのまま進んでいきました。

 

 

ウンタクを車から降ろし、死神が手を離した瞬間に車は倒れました。

 

 

トッケビは、進んでいった真っ二つになった車に乗っている借金取りに向かって、「今からこの道は二日間地図から消える。だから誰も通ることはない。多少痛いが死ぬことはない。」と言い、死神は借金取りに「お前たちはケンカをしていただけだ。しかし、和解はできない。」と記憶操作をします。

 

 

そして、ウンタクとキムシン、死神は共に立ち去ります。

 

 

ウンタクの後ろを歩くキムシンと死神。

 

 

死神は、心の声で「いつ、助ける手助けをした礼を聞けるのだ?」とキムシンにしつこく言い、キムシンは「黙れ!」と叫んでしまいました。

 

 

キムシンは、ウンタクの身辺調査をドクファに依頼します。

 

 

ウンタクと一緒に住んでいる叔母は、ウンタクの母親がウンタクに残した保険金が入った通帳を狙っていて、ウンタクが成人するまで彼女をそばに置いておくようだという調査結果をドクファから報告を受けるキムシン。

 

 

キムシンは、叔母一家の家に金塊を置きます。

 

 

金塊を見つけた叔母たちは、ウンタクが母親の保険金を金塊に替えて隠し持っていたに違いないと考えます。

 

 

夜通し金塊を見張る叔母たちですが、叔母と叔母の息子が居眠りしている隙に叔母の娘がぬけがけし、金塊を持って逃げ出します。

 

 

逃げた娘を追って、叔母と叔母の息子が追いかけて行きます。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するにはこちら

↓↓↓

 

 

 

ウンタクは、カナダで拾った紅葉の落ち葉を絵本に挟んだまま棚に返してしまいます。

 

 

落ち葉を取り返そうと本屋にやってきたところ、一足先に買われていました。

 

 

ところが、その本を買った人が返品しにやって来ます。

 

 

レシートがなかったので返品できず、がっかりしていたその人に、ウンタクは「私が買います。」と声をかけ、本に挟んであった紅葉も無事に手もとに戻って来ました。

 

 

返品しにきた人は実はドクファでしたが、お互いはまだ知りません。

 

 

ウンタクは叔母の家には帰らず、アルバイト先のチキン店で寝起きをしていました。

 

 

ある日、オーナーのサニーに知られてしまいます。

 

 

打ち明けようとしていたのですが、なかなか言い出せなかったウンタクは、サニーに謝ります。

 

 

サニーはお金のないウンタクに、今まで働いた分の給料を前払いします。

 

 

ウンタクは、サニーの優しさに感謝します。

 

 

サニーから頼まれ、イカを焼いていたウンタクは、イカに燃え移った火を吹き消します。

 

 

「あっ!今のなし!」といっても後の祭りで、キムシンが来てしまいました。

 

 

なかなか呼び出さないウンタクのことが気になっていたキムシンは、ウンタクの機嫌をとるために焼き肉を奢ります。

 

 

キムシンは、ウンタクは本当に胸に刺さった剣が見えていないのか気になりますが、見えているのかいないのか、ウンタクの態度からは分かりません。

 

 

ドクファは、「死んだら俺も死神になろうかな?」と話し出しました。

 

 

キムシンは、「お前の罪ぐらいでは死神にはなれない。」と話したところで、死神のことをどうして知っているのかと驚くキムシン。

 

 

ドクファは、「今ごろ?」と笑い、おじさんが普通に死神と言っているからと言いました。

 

 

「それに、顔は真っ白、唇は真っ赤。服は真っ黒…」と見た目を言い出したところで、死神が後ろにいることに気がつきます。

 

 

ばつの悪いドクファは、ではこれで…。とこの場を去ろうとすると横にいた死神が目の前に立っていました。

 

 

死神も、なぜ死神とわかったのかと聞くと、ドクファは「今の不思議な出来事で気づくよ!おじさんたちは不注意で天然すぎる!」と言いました。

 

 

「前世に大罪を犯した死神め。」とキムシンが冗談のつもりで言った言葉に傷ついた死神は、自分自身に前世の記憶がなく、自分がどのような罪を犯したのかと悩んでしまいます。

 

 

キムシンは死神に謝り、「私はお前が前世でどのような罪を犯そうとも関係ない。」と死神に言います。

 

 

「本当に?」という死神に、続けてキムシンは「どっちにしてもお前のことは嫌いだからな。」と告げました。

 

 

それを聞いて思わず笑いだす死神なのでした。

 

 

死神は、とある露店でアクセサリーを売る若い女性に声をかけられます。

 

 

ひとつの指輪が目に留まり、取ろうとした瞬間に別のお客に先に取られてしまいます。

 

 

そのお客はチキン店のオーナーのサニーでした。

 

 

死神はサニーを見た瞬間、なぜか涙がこぼれます。

 

 

ビックリしたサニーは、「泣くほどこの指輪が欲しかったの?」と驚きます。

 

 

そして、「あなたの携帯番号を教えてくれたらこの指輪をあなたに譲るわ。」と死神に言いますが、「携帯を持っていません。」と答える死神。

 

 

結局死神から連絡をするということで、サニーの携帯番号を聞きます。

 

 

そのやり取りを見ていた露店の若い女性は、代金はどっちが払うのか、現金かカードかと聞きます。

 

 

そのあと、「どっちにしろ、あの二人は高い対価を払うことになるからね。」と呟きます。

 

 

その女性を映した鏡には、お婆さんが映っていました。

 

 

以前ウンタクのピンチに現れた三神ハルメでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するにはこちら

↓↓↓

 

 

 

サニーは、今までで一番カッコいい男性だと好感を持った死神から、待てど暮らせど電話がないことに軽く落ち込みます。

 

 

ウンタクは、叔母一家が住んでいた家を引き払ったことを知り、帰る家を失ってしまいます。

 

 

その上、高校の担任からあらぬ疑いをかけられ、落ち込みます。

 

 

雨のなか、海岸にきたウンタクは、座って海を見ながら泣いていました。

 

 

そっと傘を上からさしてくれる人の気配がして、顔を上げると、キムシンが立っていました。

 

 

キムシンは、「今、私の心が憂うつだから、雨が降っているんだ。」とウンタクに言います。

 

 

ウンタクは、「人間は、4回生まれ変わることができて、1回目は種を蒔き、2回目は水をやり、3回目で水を与えた種を収穫し、4回目で収穫したものを味わう人生を送るの。」とキムシンに話します。

 

 

ウンタクは、カナダで拾った紅葉の落ち葉をキムシンに渡します。

 

 

紅葉はラミネート加工され、美しい紅葉のままの状態を保っていました。

 

 

キムシンは、韓国を離れることをウンタクに話します。

 

 

雨足は、だんだん強いものになっていきました。

 

 

まるでキムシンの心のなかを知らせるかのように。

 

 

キムシンと死神が家にいると、家のチャイムがなります。

 

 

滅多にならないチャイムがなり、誰がきたのか、何事かと怯える二人。

 

 

おそるおそる玄関の扉を開けると、ゆうれいたちからトッケビの家を聞いたウンタクが立っていました。

 

 

ウンタクは、「おじさんに起こっているものが見えたらどうなるの?すぐに結婚?お金をくれる?おじさん、見えたらどこにも行かない?行かないで!」とキムシンに言います。

 

 

「お前には何も見えないのだろう?」とウンタクに言うキムシン。

 

 

ウンタクは、「見えるわ。この剣!」とキムシンの胸に刺さった剣を指差します。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するにはこちら

↓↓↓

 

 

 

トッケビ ~君がくれた愛しい日々~ 第3話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

チキン店のオーナーのサニーさんは、美人でやり手ですが、ウンタクのことを心配してくれていています。

 

 

自分から構うわけではなく、様子を見て的確に手助けをすることのできる、まさに理想の上司と言えます。

 

 

そんなサニーさんに、気になる人が現れました。

 

 

知らないとはいえ、死神が気になるとはサニーさんらしい(^ω^)

 

 

いつもの粋なサニーさんが、恋愛となると積極的なわりに、気持ちは少女のようで可愛らしいです。

 

 

トッケビとウンタクの恋模様も気になりますが、死神とサニーがどのように発展していくのかも楽しみです!

 

 

しかし、死神の恋愛ってどんな感じなんでしょうね(*^^*)

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するにはこちら

↓↓↓

 

 

 

トッケビ ~君がくれた愛しい日々~ 第3話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

トッケビと死神の実は仲良しエピソードが満載です。

 

 

トッケビが、韓国を離れると言ったときの、死神の寂しそうな顔(トッケビには決してみせませんが)など、息のあった二人の感じが楽しいです。

 

 

男同士の深い友情が見える、ブロマンス要素が回を追うごとに増えてきているような…。

 

 

トッケビと、死神との会話部分をあらすじに載せていますが、文字では伝わらなくて残念です。

 

 

とにかく二人の間が最高です!

 

 

雨の日に、海岸で泣いているウンタクに会いに行くキムシンが、「私の心が憂うつだから、雨が降る。」のシーンが大好きなんですが、好きすぎて、雨が降りだすと「トッケビさん、憂うつなのかな?」と考えてしまうようになりました。

 

 

そのような方は、多いのではないでしょうか。

 

 

それくらい印象的なシーンです。

 

 

それと、ウンタクが言う「人は4回生まれ変わる。」も心に残るシーンです。

 

 

ウンタクがラミネートした紅葉をキムシンに渡すシーンで流れる曲「beautiful」は、キムシンの心情が歌詞に込められていて、でも声に出して伝えられないもどかしさが見てとれるようです。

 

 

この曲が流れると甘酸っぱい気持ちと切なさが、混ざったような気持ちになり、きゅんきゅんします。

 

 

音楽の効果で、ドラマがより盛り上がりますよね!

 

 

言葉が美しく、心に刻まれるセリフがたくさんあり、その上、音楽がますますドラマを引き立てています!

 

 

第4話のあらすじやネタバレはこちら

↓↓↓

 

トッケビ ~君がくれた愛しい日々~ 第4話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

韓国ドラマを無料で視聴するにはこちら

↓↓↓