前回ソヌが、俺には守るものがある、と言った守るものとは、きっとアロの事なんでしょうね。

 

 

やはり人というのは、守りたいものがあると強いですね。

 

 

その思いを胸にソヌは王子にどんな勝負を挑むのか!?

 

 

それでは、第18話を見てみましょう。

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

 

↓↓↓

 

花郎 〈ファラン〉 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

↓↓↓

 

 

 

花郎 〈ファラン〉 第18話 韓国ドラマ あらすじ


 

いよいよ、ソヌ(=ムミョン)と百済の王子との戦いが始まります。

 

 

アロ、ジディ(=サムメクチョン)達に、百済や捕らえられた新羅の民、そしてスンミョン王女が見守る中、戦いの幕は切って落とされました。

 

 

戦い慣れした王子が有利で、王子はソヌを子供扱いにするのでした。

 

 

それでも必死に立ち向かうソヌ。

 

 

ソヌの体にはやがて無数の傷が出来る程、圧倒的不利な状況に立たされます。

 

 

それでもソヌは、アロや新羅の民の為に諦めません。

 

 

やがて仰向けになったソヌの首を王子が締めに掛かると、誰もがソヌの負けだと思うのでした。

 

 

王子はソヌを見下ろしながら、ふとソヌがサイコロを振った時に、「6」と「6」を出した時の事を思い出していました。

 

 

その瞬間、ソヌは立ち上がり王子に殴りかかり反撃します。

 

 

王子も応酬しますが、力尽き仰向けになった王子に対してソヌが刀を向け、負けを認めさせるのでした。

 

 

王子は、「新羅と戦はしない。王女と使節団を解放する。」と言います。

 

 

新羅の民の解放も望むソヌでしたが、王子は「その件は別だ。」と言い、アロを含めた新羅の民はまた牢屋に戻されるのでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓

 

 

 

その日の夜、ソヌとジディはアロ達を助けに行くのでした。

 

 

見張りの兵達を倒し、アロ達がいる牢屋にたどり着き、鍵を壊して皆を牢から出して逃がします。

 

 

しかし、また兵達に囲まれてしまうのでした。

 

 

「和親の為に民を連れて帰る。百済も戦を望まないなら何もするな。」とジディは言うのですが、兵達は刀を抜いて殺そうとするのでした。

 

 

その時、スホとパンリュがやって来て、ソヌ達の加勢をしアロと新羅の民を助け、皆を連れて無事逃げるのでした。

 

 

しかしこれは百済の王子の罠でした。

 

 

わざと逃し、今から狩りを楽しむ、という言葉を発してソヌ達を追いかけるのでした。

 

 

新羅の国境近くまで来たソヌ達は、内心安堵していました。

 

 

新羅まであと少し。

 

 

しかし、その時です。

 

 

次々と矢が飛んでくるのでした。

 

 

王子が追って来て矢を放っていたのです。

 

 

矢が民に当たり次々に倒れていく新羅の民達。

 

 

そしてソヌを狙う王子は矢を放ちますが、スホが身を呈してソヌを守ります。

 

 

すると王子はソヌに、もう一度戦わないかと持ちかけます。

 

 

それは、人数で上回っている百済側にとって、王子の余裕の言葉でした。

 

 

周りを百済の兵達に囲まれ形成不利な状況で、このまま新羅に帰れずに終わってしまうのか。

 

 

ソヌ達は身動きが取れず、不安を覚えるのでした。

 

 

その時でした。

 

 

百済の王子達に向けて矢が一斉に飛んでくるのでした。

 

 

矢を放っているのは何と、ウィファ率いる花郎達で、ソヌ達を助けに来たのでした。

 

 

ウィファが王子に対して圧力をかけると、敵わないと感じた王子は苦虫を噛み潰した表情で引き下がるのでした。

 

 

仙門では、使節団が帰って来た事を皆が喜んでいました。

 

 

宮中でも使節団の事は伝わっていて、思召太后は安堵するのでした。

 

 

一方ヨンシルは今回の計画が失敗に終わり、不快感をあらわにしていました。

 

 

その頃パンリュに、お前を見限る、と記した手紙を送るのでした。

 

 

それを読んだパンリュは、実父の事を考えると養父ヨンシルを敵に回して生きていけるのか苦境に立たされるのでした。

 

 

ソヌは落ち着きを取り戻し仙門の廊下を歩いていると、アロに出くわします。

 

 

優しいアロの表情を見ると、今まで押さえ込んでいた感情が溢れだしたのかソヌは「お前をずっと抱きしめたくて仕方がなかった。愛している。」と言って、アロに口づけをするのでした。

 

 

しかしその様子を、ジディが見ていました。

 

 

ジディは一人で、やり切れない思いを矢を的に射て気を晴らそうとするのでした。

 

 

しかし、ソヌが自ら王だと名乗り出た百済での出来事を思い出し、更に的に向かって自分の気持ちをぶつけるのでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓

 

 

 

花郎 〈ファラン〉 第18話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

まずはソヌと百済の王子の戦いですね。

 

 

守るものがあると人は本当に強いと言う事を思い知らされるシーンでした。

 

 

傷だらけになりながらも這い上がるソヌは格好良いです。

 

 

そしてソヌとアロの口づけの場面に出くわしたジディ。

 

 

気が気じゃないですよね。。。

 

 

ぜひともジディの気持ちになって、ご覧くださいね。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓

 

 

 

花郎 〈ファラン〉 第18話 韓国ドラマ 春子の感想


 

ついにソヌとアロの口づけを見てしまったジディ。

 

 

いつかこんな日が来るとは思っていましたが、ジディにとって最悪な日ですよね。

 

 

頭の中は、何故兄妹の二人が口づけを??ってなっているでしょうし。

 

 

というか、ソヌとアロももっと場所をわきまえてよ!と私、ツッコミを入れてしまいましたけどね(笑)

 

 

ジディが自暴自棄にならないとよいのですが、ちょっと心配です。

 

 

次回の第19話のあらすじやネタバレはこちら

 

↓↓↓

 

花郎 〈ファラン〉 第19話

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

 

↓↓↓