第4話ではとうとうドンマンがダニ駆除の仕事を辞めて格闘技をしたいと決意しました。

 

 

エラは反対していましたが応援してくれるのでしょうか?

 

 

そしてドンマンの元にとうとう現れたヘラン。

 

 

エラはまたドンマンがヘランと付き合うことにならないかイライラしていましたし、ドンマンはムビンのエラとの交際宣言とも思える発言に怒っていました。

 

 

これから二つの三角関係に発展してしまうのでしょうか!?

 

 

そしてイェジンに押され気味のジュマンの様子もどうも気になります。

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

↓↓↓

 

サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~ 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

↓↓↓

 

 

 

サムマイウェイ ~恋の一発逆転!~ 第5話 韓国ドラマ あらすじ


 

 

とうとうドンマンが格闘技をする決意をし、練習初日にジャンホがドンマンを家まで迎えに来て話していると、エラが現れ「本当に格闘技やるつもりなの?」とやはり反対しています。

 

 

そしてジャンホにも「おじさんがドンマンをそそのかしたんでしょ!」と睨んで問いただしています。

 

 

ドンマンに足蹴りされたタクスはテレビの取材を受けており、「アマチュア相手に手を出せなかった。あいつがアマチュア戦で一回でも勝てば次は俺が対戦しますよ。」とドンマンに倒されたことを説明しています。

 

 

その様子をテレビで観ているドンマン。

 

 

ジャンホに「くだらないテレビを観ていないで縄跳びでもしろ。」と言われるのでした。

 

 

しかしドンマンは早く試合がしたくてたまらない様子です。

 

 

一方エラは、いつもの勤務先のデパートで休憩中にKBCテレビのアナウンサーの応募をネットから申し込んでいます。

 

 

そこに入ってきた仲の良い上司にエラは保安課長を紹介してもらい、その保安課長にドンマンのことを話すのでした。

 

 

「彼はテコンドー5段なんです。イケメンだし。」と勝手にデパートの保安課に就職させようと話を進めています。

 

 

よっぽどドンマンに格闘技をさせたくない様子。

 

 

ドンマンの元へはタクスのマネージャーであるヤン・テヒがいきなり来て「僕と組んだら明日からデビューさせますよ。1勝したらタクスと対戦しましょう。」とタクスからドンマンに乗り換えてスカウトしようとしています。

 

 

さすがに早く試合したいとウズウズしているドンマンも「明日って急すぎます。」と戸惑っていると、そんな言葉を信じていないジャンホは「俺がドンマンの人生を預かったんだから俺が責任を持つ。」とテヒを拒みますが、ジャンホが席を空けた瞬間ドンマンに明日の試合の応募シートを渡すのでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

エラから絶対に今日のお昼休みにデパートに来るように!と言われていたドンマンがエラの元にやってきました。

 

 

エラは保安課の就職のことを話しますが、ドンマンは受け入れません。

 

 

「俺はどうしても格闘技がしたいんだ。お前だって好きなことを仕事にしなくちゃって話してただろ。」とエラにそう言い行ってしまいます。

 

 

保安課にいたエラがその時デパート内の防犯カメラのモニターに目をやると、そこには高級時計を万引きし、そのまま歩いて受付の前を通り過ぎようとする女性を発見しました。

 

 

エラは即座に追いかけていって女性に声を掛けます。

 

 

「もしかしてお会計の済んでない商品を間違えてお持ち・・では?」と言いかけるとその女性は激怒してバッグを逆さまにして全部中身を出し見せています。

 

 

エラは時計がないので謝っていると、「ほら、時計なんてどこにもないでしょ。」と怒りながら言う女性。

 

 

エラは「お客様、時計なんて一言も私は言っていませんが。」と言い女性の被っていた帽子を取ると、なんとそこから時計が落ちてきてしまいました。

 

 

すると女性は更に逆上するのでした。

 

 

そこへ上司がやってきて、エラもまた平謝りをしています。

 

 

その様子を見ていたドンマンが我慢できずにそばへ来てエラをかばう発言をし、その女性を責め立てます。

 

 

しかしその女性はデパートのVIP客である財閥夫人だったのです。

 

 

ドンマンはあまりにその女性のひどい態度に腹を立て「エラはもうここにはきません。」と言いエラの腕をひっぱり連れ帰ってしまうのでした。

 

 

エラはドンマンに「なんで余計なことをしたの!謝れば済むことなのに。もう恥ずかしくて出勤できない。」と泣き叫びます。

 

 

そんなエラがいたたまれず、ドンマンはギュッと抱きしめるのでした。

 

 

その後、一緒に帰っているドンマンとエラ。

 

 

エラの携帯電話に大家のボクヒから家賃の催促メールが入ってきました。

 

 

エラは職を失ってしまったことに落ち込んでいると、ドンマンが「俺のマネージャーになってくれ。」と言い出します。

 

 

エラは「オッケーすると思ったら大間違いよ!」と怒り、ドンマンはなだめようと一緒に焼酎でも飲もうと誘うと、「私には予定があるの!」と意味深に断られるのでした。

 

 

ドンマンはムビンと出かけるつもりなのだなとピンと来て「アイツと何をするつもりなんだ!」と声を荒げます。

 

 

そんなドンマンのお尻を叩き、からかって行ってしまうエラなのでした。

 

 

一方ジュマンの家で洗濯物をたたんでいるソリ。

 

 

ジュマンがトイレに行っている間に迷いながらも我慢できず、ジュマンの携帯電話に入ってきたイェジンからのメールを読んでしまいました。

 

 

そこに「今週の土曜日に汝矣島に一緒に行って私の発表の準備を手伝って下さい。お礼にステーキやワインを奢りますので。」と書いてあったのでした。

 

 

ジュマンがトイレから戻ると、ソリは何気なく「今度の土曜日汝矣島にお花見に行かない?」とジュマンに聞きます。

 

 

「その日は仕事なんだ。」とジュマン。

 

 

ソリは「何の仕事?」と聞きます。

 

 

・・どうか嘘をつかないで・・と祈るような気持ちでジュマンを見ると「新人からステーキとワインを奢るから発表の準備を手伝って欲しいと頼まれて・・」とジュマン。

 

 

ソリはジュマンが嘘をつかなかったことにホッとして顔がほころぶのでした。

 

 

しかしその後ジュマンが続けた言葉は「キム・チャノのせいで」と男性社員の名前を言います。

 

 

ソリは愕然とするのでした。

 

 

結局嘘の名前を言ったジュマン。

 

 

ソリは気になりなかなかその夜眠れませんでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

次の朝、ジュマンとソリが一緒にバスに乗って会社に向かっていると、ジュマンの携帯電話にメールが何度も来ています。

 

 

「面倒だから会社に着いてからチェックするよ。」とジュマン。

 

 

ソリは「会社でキム・チャノに会ったらそれぐらいの仕事自分でやらならいとだめよ。と言っておくわ。」とわざと言うと、ジュマンは一瞬緊張した顔つきになるのでした。

 

 

会社に着くとジュマンはイェジンに「今週の土曜日仕事は手伝うけど、汝矣島ではなくここでしよう。ほかの新人も一緒に。」と言うとイェジンは拗ねましたが、「そんな誠実な先輩がもっと好きになってしまいます。」と言うのでした。

 

 

ジャンホの道場ではドンマンがボクシングの練習をしています。

 

 

なかなか終わらない練習に愚痴を言っているとそこへ、タクスとコーチのウォンボがやってきました。

 

 

ここへ朝マネージャーのテヒが来たことを知っていた様子です。

 

 

「アイツが何者か知っているのか?。」と言い、そしてタクスの父親が昔のことでドンマンに悪いことをしたから、ドンマンの父親を自分の会社の課長として迎え入れ、定年まで補償すると言っていると言うのです。

 

 

しかしそんな二人には相手にもしないドンマンとジャンホなのでした。

 

 

エラはというとムビンと映画を観た後ホテルのラウンジで高級そうな料理を食べています。

 

 

ムビンは「ドンマンと仲がいいのも、向かいに住んでるのも嫌だ。」と言い、引っ越すことを提案しますがエラは聞く耳を持ちません。

 

 

デパートを辞めたことも秘密にしたままです。

 

 

ジュマンとソリは仕事が終わり一緒に帰っている時、とうとうソリがイェジンからのメールを見たことをジュマンに言うのでした。

 

 

「俺を信用していないのか?イェジンには汝矣島には行かないと断ったのに。」とジュマンが不満そうに言うとソリは「イェジンをチャノと言って嘘をつかれたことが嫌なの。」と泣きじゃくります。

 

 

ジュマンはそんなソリに「俺が悪かった。」と謝り抱きしめるのでした。

 

 

ドンマンの元にはテヒから試合に出るようにとメールが届いていました。

 

 

ドンマンは悩むのですがタクスにさっき嫌味を言われたことで、試合に出ることを決意します。

 

 

そしてエラに「俺のアマチュアデビュー戦を観に来い!」とメールを送るのでした。

 

 

エラはその頃ムビンと夜景を見にいく所でしたが車を降り、ドンマンの試合を観に行くことにしました。

 

 

試合会場に着いたエラはドンマンに「デビュー戦兼引退試合だね。」と嫌味を言っています。

 

 

試合はというとドンマンは相手からパンチを食らいっぱなしで倒れ、あっさりと負けてしましまうのでした。

 

 

試合会場からはテヒが1人出てきて、待っていたタクスにドンマンが負けたことを報告しています。

 

 

「お前は本当に演技派だな。」と褒めるタクス。

 

 

やはりドンマンは騙されていたのです。

 

 

そんなことも知らずにリングで倒れているドンマンにエラは名前を呼び続けるのでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

サムマイウェイ ~恋の一発逆転!~ 第5話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

ドンマンがとうとう格闘技を始めましたね。

 

 

しかしタクスはドンマンをもう自分に近づけなくするため、マネージャーを使ってドンマンをはめるのです。

 

 

ほんと嫌なヤツ全開!

 

 

ただ、ドンマンもまだ練習を始めたばかりだし、10年もブランクがあるから試合なんてまだ無理だとジャンホの言うことを聞けば良かったのに。

 

 

負けたドンマンは何を思うのでしょうか?

 

 

エラは更に反対するような予感もします。

 

 

次回の展開が気になります。

 

 

今回は若くて可愛いイェジンがジュマンにグイグイとアタックしてくるし、ジュマンもなんだか嬉しそう。

 

 

そんなジュマンに尽くしているソリがけなげで可哀想に思います。

 

 

ジュマンがふらふらとイェジンの方へ行かないことを祈るばかりです。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

サムマイウェイ ~恋の一発逆転!~ 第5話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

やはり格闘技の世界は甘くなかったですね。

 

 

なんだか弱そうな相手に見えたけど強い相手だったんでしょうか?

 

 

タクスにけしかけられてまんまと罠にはまるなんて・・ドンマン!!ほんと悔しいです!

 

 

で、なんでエラはそんなに好きじゃなさそうなのにムビンとデートしてるの?って思ってしまいます。

 

 

ドンマンの試合には駆けつけてくれたのでホッとしましたが。

 

 

それにしてもソリ役のソン・ハユンちゃんの地味目でけなげな演技がほんと切なかったです。

 

 

きらきらした若いコも可愛いですが、こんな女性を大事にしてほしい!とジュマンに訴えたいです(笑)

 

 

今回はヘランはおとなしかったので次あたりやらかしてくれますかね。

 

 

次回も期待大です。

 

 

次回の第6話のあらすじやネタバレはこちら

↓↓↓

 

サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~ 第6話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓