ジェヨルがかわいがっていたガンウは、なんとジェヨルの幻覚でした。

 

 

そうだとは思っていないジェヨル。

 

 

毎晩トイレで眠っていることをヘスに告げ、ヘスはジェヨルが抱えるトラウマを知ることになります。

 

 

互いの心の闇をさらけ出した二人は、徐々に距離を縮めるが…。続きをどうぞ。

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

↓↓↓

 

大丈夫、愛だ 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第5話 韓国ドラマ あらすじ


 

 

ヘスの先輩精神科医のドンミンはジェヨルの兄・ジェボムと面談を繰り返していました。

 

 

何とかして外に出たいジェボムは、「自分は無実だ。真実を吐かせるためアミタールを使ってほしい」と訴えます。

 

 

ドンミンはジェボムの事件記録を確認することにしました。

 

 

ガンウと街を走っていたジェヨルは、ガンウが不自然な咳を度々しているのを心配していました。

 

 

シェアハウスの前まで来たとき、一人の家出少女がジェヨルに声をかけました。

 

 

すると隣にいたはずのガンウは姿を消していました。

 

 

動画を確認していたヘスは、ジェヨルがトイレで寝ていたのに気づきます。

 

 

なぜ?と疑問に思いながら、自分と離れた場所で寝るためだと、その時は思っていました。

 

 

家に戻ったジェヨルが家出少女を連れているのを見て怒ったヘスは、男だらけの家なので自分の部屋で寝るよう伝えます。

 

 

しかし、ヘスがシャワーを浴びていると、平気で隣で用を足していた少女に呆れてしまいます。

 

 

ガンウの咳を心配したジェヨルは病院へ向かっていました。

 

 

診察の順番を待っていましたが、いつまでたっても呼ばれないガンウ。

 

 

ジェヨルが受付に尋ねますが、そんな名前の人は受け付けていないと言われてしまいました。

 

 

するとガンウの姿も消えていました。

 

 

ある日、ヘスの元患者で友人のヘジンの夫のコンサートへ出かけたヘスとジェヨル、そしてドンミンにスグァン。

 

 

ヘジンは統合失調症を患いながら妊娠がわかり、不安定なのでみんなで励まそうと出かける予定でした。

 

 

会場についてヘジンを見たジェヨルは「どこも悪いようには見えない」と話しましたが、不安定なヘジンの様子に気づいたヘスはその場に残ると言い、ジェヨルたちは帰る準備を始めます。

 

 

しかし道中で入水自殺を図ろうと川に入っていくヘジンを見た3人。

 

 

慌てて車から飛び出し、川に飛び込んだジェヨル。

 

 

無事に助かったヘジン。

 

 

ジェヨルを心配するヘスは「俺が人を助けた!」と叫ぶジェヨルを微笑みながら見つめるのでした。

 

 

その夜、ヘスと共にその場に残ったジェヨル。

 

 

翌朝目覚めたヘスはヘジンたちに別れを告げ、車でジェヨルを探しに行きます。

 

 

しかしそこにはジェヨルの姿はありませんでした。

 

 

その頃夢でうなされていたジェヨル。

 

 

いつも見るあの光景が広がっていました。

 

 

ヘスはジェヨルをトイレで発見します。

 

 

 

 

「なぜこんなところにいるの?」と驚くヘスでしたが、ジェヨルの家でもトイレで寝いていたのを思い出し、ジェヨルの心の闇に気づくのでした。

 

 

帰り道、ジェヨルはヘスに幼少期の頃の話を始めます。

 

 

暴力をふるう義父から毎日のように逃げていた少年時代のジェヨル。

 

 

逃げる場所がなく、見つけたのが公衆トイレでした。

 

 

ジェヨルはいつも汚物の中に隠れていたのでした。

 

 

それ以来、自分にとって一番安全な場所がトイレになったと話しました。

 

 

「私の方がよっぽど深刻よ。必要なら薬をあげる」と話すヘスに少し心が軽くなったジェヨル。

 

 

歩いていた先に見える谷に入ろうとヘスを誘う。

 

 

水は嫌いと拒むヘスでしたが、ジェヨルはヘスを抱き上げ水の中に投げました。

 

 

思ったより平気で、むしろ気持ちいいと満面の笑みで話すヘス。

 

 

 

 

ジェヨルはヘスを抱き寄せキスをし、ヘスも自然にジェヨルを受け入れたのでした。

 

 

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第5話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

5話ではジェヨルの抱えていた心の闇をヘスが知ることになります。

 

 

精神科医のヘスなので、ジェヨルのようなトラウマを抱えた患者はたくさん見ているはず。

 

 

話を聞いて驚くこともなく、ありのままを受け入れます。

 

 

お互いに心の傷をさらけ出したので、きっとヘスも自然にジェヨルを受け入れることができたのでしょう。

 

 

またこの回では、ジェヨルの兄・ジェボムについて調べていたドンミンが、ジェボムがジェヨルの実兄だということを知ります。

 

 

ドンミンも精神科医なので、この事実を知ったことで、ジェヨルの心を心配し始めます。

 

 

ヘスが水に投げ込まれた後、「やってみると意外と簡単だった!」と話すシーンが、いろいろなトラウマを克服するヒントになっているように思います。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第5話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

ついに結ばれました、ヘスとジェヨル。

 

 

紆余曲折ありましたが、自分自身の弱い部分をさらけ出して、そしてそれを受け入れてもらえると、距離がぐっと縮まりますよね。

 

 

ジェヨルにはヘスのような存在がきっと必要だったので、一安心ですね。

 

 

最後のヘスとジェヨルが訪れる谷のシーンは、ヘスの言葉が印象的で、なんでもそんなに難しいことじゃないんかないか、と思えました。

 

 

とても深刻な問題は別として、日々抱く悩みは自分の物の捉え方ひとつで良くも悪くも変わるのだ、とあのシーンを見て感じました。

 

 

とても印象に残る場面でした。

 

 

ジェヨルの心の傷に周りの仲間たちが気づき始めたので、見ている側も、なんだか少しほっとしたような気分です。

 

 

ただ度々出てくるガンウの幻覚は気がかりなところですが…。

 

 

幻覚が見えている、しかもジェヨルにははっきりとその存在を信じ切っているということは、症状はかなり深刻かもしれません。

 

 

「ヘス、助けて!」と願うばかりです。

 

 

次回の第6話のあらすじやネタバレはこちら

↓↓↓

 

大丈夫、愛だ 第6話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓