ジェヨルと自然にキスを交わしたヘス。

 

 

今までのような罪悪感が芽生えず、ヘスはジェヨルを受け入れる決心をします。

 

 

想いが届き喜び勇んでヘスに会いに行くジェヨルでしたが、突然兄ジェボムに襲われてしまい…それでは続きをどうぞ。

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

↓↓↓

 

大丈夫、愛だ 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

↓↓↓

 

 

大丈夫、愛だ 第6話 韓国ドラマ あらすじ


 

 

渓谷でジェヨルにキスされたヘスは、我に返ってジェヨルの顔を叩きますが、以前のような恐怖心はありませんでした。

 

 

ジェヨルはヘスに「好きだ、付き合ってほしい」と伝えますが、ヘスは拒否。

 

 

ジェヨルも納得し、こんなことは絶対にしないと誓いました。

 

 

シェアハウスに戻った二人の様子の違和感に気づいたドンミンとスグァン。

 

 

ジェヨルにキスされたから殴ったと話すヘス。

 

 

ドンミンはヘスに、キスした時の気持ちを尋ねました。

 

 

するとヘスは今回はキスしても母親のことを思い出さなかったし、気分も良かったと打ち明けました。

 

 

 

 

ヘスのトラウマについてドンミンはジェヨルに話をしました。

 

 

キスや性行為はヘスにとって汚らわしいもので拒絶するのだと。

 

 

それを聞いたヘスは、キスの瞬間はジェヨルに行為を抱いたが、それはあの時だけで終わりだと話します。

 

 

それでもジェヨルは、もし可能性があるなら、電話3回と部屋のノックを3回して、もしも嫌なら何もするなと話しました。

 

 

ジェボムのカウンセリングをしていたドンミンは、ジェボムの弟がジェヨルだということ知り、少年時代のジェヨルの写真を入手しました。

 

 

写真に写っていたのは傷だらけのジェヨルでした。

 

 

ジェヨルの幼馴染のテヨンにジェボムについて話を聞いたドンミン。

 

 

テヨンはジェボムは何でも弟ジェヨルのせいにするやつだと語りました。

 

 

ガンウに会っていたジェヨル。

 

 

ガンウの家まで送っていくと、母親が父親から暴力を振るわれているところでした。

 

 

とっさに止めに入ったガンウも殴られてしまいます。

 

 

その光景を見てジェヨルは自分自身の過去を思い出していました。

 

 

 

 

ガンウを止めたジェヨルは、母親と一緒に逃げろ、と言いガンウと母親はその場から逃げた。

 

 

 

 

父親に殴られたジェヨルは警察に通報します。

 

 

しかし警察官は「そこは空き家なのに」と、首をかしげるのでした。

 

 

ある日、ドンミンと元嫁のヨンジンの離婚パーティーをすることになり、ジェヨルやヘスの家族も呼んだドンミン。

 

 

ヘスの様子を見て、ジェヨルのことが好きなんだと気づいた母親は、ヘスにジェヨルとの仲を執拗に聞いていました。

 

 

冷たくあしらうヘスの態度に怒り始めた母親。

 

 

するとその様子を見ていたヘスの姉が、「ヘスも私もお母さんがキム社長と不倫してるの知ってる。だからヘスがこんなになってしまった。」と打ち明けました。

 

 

落ち込むヘスをジェヨルは慰めるのでした。

 

 

一時出所したジェボムはドンミンの元を訪れました。

 

 

催眠剤のアミタール注射を射つためでした。

 

 

しかしドンミンが見ていない隙にアミタールを盗み、その場を立ち去ってしまいました。

 

 

その頃ジェヨルは、ラジオの放送を終えたところでした。

 

 

ジェヨルの携帯にはヘスから着信が3回入っており、交際OKの合図でした。

 

 

嬉しさに弾む心を抑えつつ歩き出すジェヨル。

 

 

道路の向かい側にはバスから降りて手を振るヘスが待っていました。

 

 

しかし次の瞬間、後を追ってきたジェボムにバットで殴りかかられその場に倒れてしまいます。

 

 

倒れたジェヨルに盗んだアミタール注射を射つジェボムでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第6話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

ついに付き合うことになったジェヨルとヘス。

 

 

ジェヨルとヘスは、お互いのトラウマを消し去り、傷を癒す存在になれるのか、気になるところです。

 

 

でもドンミンは、ジェヨルがヘスを助けられる存在だと気づいているようですね。

 

 

ジェヨルが作り出した幻覚の存在であるガンウは、父親からひどい暴力を受けていました。

 

 

ジェヨルの少年時代とリンクさせているんでしょうか。

 

 

恐らく、ガンウという少年は、辛い記憶の中にある少年時代のジェヨル。

 

 

ガンウが現れている間は、きっとジェヨルの心の闇が晴れることはないでしょう。

 

 

突然、兄ジェボムに襲われたジェヨル。

 

 

真実を自白する催眠効果があるというアミタールを射たれ、ジェヨルはどうなるのでしょうか。

 

 

ジェボムとジェヨルの過去に何があったのか、これからどうなるのか先の展開が気になる回でした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第6話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

ガンウの存在が幻覚だと知ってからは、ジェヨルとガンウの会話や表情、すべてが虚しく、そしてとても悲しく感じます。

 

 

幻覚と話しているということは自問自答なんでしょうか…。

 

 

ガンウの父親と取っ組み合いになるジェヨルですが、それもすべてが幻覚…と考えると、すごくせつないですよね。

 

 

やっとヘスと結ばれましたジェヨルですが、ジェボムのことや自分自身の病気のことが常に引っ掛かる、そんな負担を心に背負っていくことになるんですね。

 

 

幻覚のガンウに励まされたり元気づけられているジェヨルの心の傷を癒してくれるのが、ヘスという存在なら、もうガンウに会わずに済むのかもしれません。

 

 

弱いところを見せ合って、お互いに悩みやトラウマを克服する良きパートナーになれそうです。

 

 

ジェヨルが患う病の症状が、より深刻なものだと感じた話でした。

 

 

次回の第7話のあらすじやネタバレはこちら

↓↓↓

 

大丈夫、愛だ 第7話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓