ジェヨルの異変に気づきショックを受けるテヨン、そしてドンミンもそれを知ることに。

 

 

さらにジェボムの事件の真相も明らかになります。

 

 

ジェヨルの病はどうなるのか、そしてジェボムたち家族の行方は…?

 

 

気になる続きをどうぞ!

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

↓↓↓

 

大丈夫、愛だ 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第12話 韓国ドラマ あらすじ


 

 

仕事帰りのヘスを車に乗せ運転しながら、ジェヨルは突然のプロポーズ。

 

 

しかしヘスは「そんな言葉を軽々しく言うな」「予定が狂う」と言って軽くあしらいます。

 

 

だったら結婚はしないと言いつつ、「愛しているからこれからも会う」と話すジェヨルでした。

 

 

その頃、ジェヨルについてテヨンから相談されたドンミンは、ジェヨルの治療を勧めます。

 

 

 

 

泣き続けるテヨン。

 

 

その時部屋に入って来たスグァンに泣いている姿を見られてしまいました。

 

 

何事もなかったかのように出て行くテヨンでしたが、スグァンは不思議に思うのでした。

 

 

バーで飲んでいたヘスとジェヨル。

 

 

ここでもジェヨルはヘスに結婚しようと告げます。

 

 

なぜ自分と結婚したいのか尋ねるヘスに、「バスタブで寝ていること、母親が真冬でも窓を開けて寝ていること、兄が14年間も服役していること、こんなことを他人に話す自信がない。この話を聞いて過剰に反応せず、ヘスのように淡々と聞いてくれる人は他にはいない」と話しました。

 

 

ジェヨルの言葉に重みを感じたヘスは、帰宅後に電話で「結婚しないと言ってもこのまま付き合ってくれる?」と尋ねました。

 

 

ジェヨルはヘスを愛しているから付き合うと答えました。

 

 

 

 

ヘスはドンミンにジェヨルからプロポーズされたことを話しますが、そっけなく、いつもよりイラついた様子のドンミンに首をかしげるヘスとスグァン。

 

 

スグァンは、テヨンがドンミンの部屋で泣いていたことをヘスに話しました。

 

 

スグァンは働いているカフェを訪れた両親と話していました。

 

 

父親はスグァンの今の姿を認めていませんでした。

 

 

「発作が起きても我慢すればいい。」と言う父親の言葉に、自分も起こしたくて起こしてるんじゃないと反抗するスグァン。

 

 

父親は怒って店を出て行こうとしますが、母親から父親も心では自分を責めているんだと聞かされ、父親を引き止めます。

 

 

「幸せにやっているから、父さんも幸せになって」そう伝えるスグァンでしたが、父親は手を振り払って出て行ってしまうのでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

ジェヨルが昔住んでいた家にやって来たドンミンとテヨン。

 

 

燃えて廃墟と化した家に足を踏み入れたドンミンは、ジェボムから聞いた事件の光景を思い浮かべていました。

 

 

ナイフが刺さってしまい倒れた義父、気絶しているジェヨル、そして帰宅した母親に「刺したのはジェヨルだけど、警察には俺がやったと言って」と話すジェボム。

 

 

ナイフを捨てるよう母親に告げ、ジェヨルを病院に連れて行くため背中に負ぶい、家を出ました。

 

 

その場を逃げようとした母親は、倒れていた義父に足を掴まれます。

 

 

母親の記憶はここまででした。

 

 

部屋にあった鏡を見つけたドンミンは経緯を推測しました。

 

 

 

 

気絶したまま兄に負ぶわれていたジェヨルは、母親が家に火を放つのを、鏡ごしに目撃してしまいます。

 

 

弁護士の言葉が蘇るドンミン。

 

 

「ジェヨルは母親が犯人だと知っていたと思う。初めは黙秘をしていたが、死因が火災による窒息死だとわかった時、法廷で母親の代わりに兄が犯人だと証言した」その言葉を思い出し、愕然とするドンミンでした。

 

 

ドンミンはジェヨルを誘って一緒に酒を飲むことに。何気なくガンウの話を聞いたドンミン。

 

 

以前はたまに会っていたが、ヘスと付き合うようになってからは頻繁に会うようになったと話すジェヨル。

 

 

 

 

するとガンウから電話が。

 

 

公募に落ちたと話すガンウを励ますジェヨル。

 

 

その電話を切った後、ガンウは車にはねられてしまうのでした。

 

 

ドンミンはヨンジンにジェヨルのことを話しました。

 

 

ジェヨルは心が優しすぎる故、母親をかばい兄を犯人にした罪悪感に耐えられず、ガンウという存在を作り上げたのだと話すヨンジン。

 

 

ジェヨルがガンウを使って現実逃避している状態が3年も続いていることが問題で、ガンウの存在が幻覚だとジェヨルに分からせるのは難しいという話をしました。

 

 

しかし早くジェヨルを入院させないとヘスが危険だと話すヨンジン。

 

 

ドンミンはヘスを呼び出し、ジェヨルの話をしようとするのでした。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第12話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

ジェヨルの病気がだんだんと周囲に知られます。

 

 

ヘスが知るのも時間の問題のようです。

 

 

ドンミンはジェヨルの病の要因を探っている中で、事件の本当の事実に気づきました。

 

 

そしてそれはとても悲しいものでした。

 

 

ドンミンやヨンジンによってジェヨルが救われるのか、また同時にジェボムの事件の真相がいつ暴かれるのか、この先が気になるところです。

 

 

ヘスはジェヨルのプロポーズを断ってしまいます。

 

 

これから判明していくジェヨルの現状にショックを受けるであろうヘスが目に浮かびます。

 

 

ジェヨルの心が健康になることがこの先のストーリーの核になりそうなので、これからも目が離せません。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第12話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

ジェヨルの心の闇を、ついにドンミンやヨンジンが知ったので、これでやっとジェヨルも救われるのではないでしょうか。

 

 

ヘスが知った時にどうなるのかが心配ですが、ジェヨルのためなので、元通りになるように治療ができればいいなと思います。

 

 

ドンミンのおかげでジェヨルの病気のことも、ジェボムの事件の真相も徐々にわかってきました。

 

 

やっぱり母親が犯人で、ジェヨルはそれを庇っていたんですね。

 

 

ジェボムも心の底では家族を恨んではいないだろうと思うのですが、ジェボムが明かしたがっている真相が明らかになれば、家族は元に戻れるのでしょうか。

 

 

14年という月日は長いですよね。

 

 

早く誤解が解けて、ゆっくりと元の家族に戻っていけるといいですね。

 

 

その時にはジェヨルの病気も良くなっていることを願います。

 

 

次回の第13話のあらすじやネタバレはこちら

↓↓↓

 

大丈夫、愛だ 第13話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓