よいよ最終回を迎えた「大丈夫、愛だ」。

 

 

ジェヨルが自分自身と向き合い、ヘスに助けを求めた前回。

 

 

ジェヨルの病は改善するのか、ジェヨルに限らずヘスの家族との関係はどうなるのでしょうか。

 

 

ハッピーエンドを願って、最終話をどうぞ!

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

↓↓↓

 

大丈夫、愛だ 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

こちらの作品はU-NEXTという動画配信サイトで視聴できますよ♪

 

登録から31日間は完全無料なので、実質無料で見れますよ♪♪

 

レンタルする前に、こちらで一度視聴されてはどうですか?

 

↓↓↓

 

 

大丈夫、愛だ 第16話 韓国ドラマ あらすじ


 

 

病室のベッドで「もう自分は来ない方がいいか」と尋ねるガンウに優しく微笑むジェヨル。

 

 

「お前がいたから俺は生きてこられたんだ、ありがとう」と話し、義父や兄に殴られるのが本当は怖かったと涙ながらに話すジェヨルに「もう終わったことです」と明るく答えるガンウ。

 

 

「時々僕に会いたくなったら鏡を見てください。先生は僕だから」と話しガンウはジェヨルに別れを告げました。

 

 

残された一足の靴。

 

 

 

 

ジェヨルは鏡に映った自分の姿を見て泣きました。

 

 

その様子を外から見ていたヘスは、ジェヨルに歩みより、ジェヨルはヘスにもたれて泣きじゃくるのでした。

 

 

ヘスはジェヨルがガンウに別れを告げたことをドンミンに報告しました。

 

 

それをきいて喜ぶドンミン。

 

 

「これで立派な医師になれるな」とヘスを褒めるのでした。

 

 

一方、入院生活を順調に送りながら時々見かける学生服にガンウを重ねるジェヨル。

 

 

しかしジェヨルの前にガンウが現れることはありませんでした。

 

 

ある日ヘスに母親から電話が。

 

 

無視するヘスでしたが、病院に訪ねてきた母親に「家で話そう」と告げ、タクシーに乗り込みます。

 

 

その様子を見ていたジェヨル。

 

 

母親がヘスに何を話そうとしているのか理解しているジェヨルは複雑な気持ちで見つめていました。

 

 

ジェヨルは母親に電話をかけました。

 

 

「ヘスが旅立つように僕が説得します。僕に会いに来るよう伝えてください。僕を信じてくれませんか」と話すジェヨルの言葉を無言で聞いていた母親は、電話を切りヘスにジェヨルの元に行くよう伝えます。

 

 

 

 

母親に言われたままジェヨルの元にやって来たヘス。

 

 

ジェヨルはテヨンからラジオ出演しないかと連絡が来たという話をし、ヘスは出たらいいと返します。

 

 

続けてジェヨルは「君はサバティカルを取るんだ」とヘスに告げました。

 

 

また別れるのかと言い返すヘスでしたが、それでもジェヨルの言葉にショックを隠し切れません。

 

 

「俺のために人生の計画を諦めちゃいけない。1年俺を忘れる努力をして、それでも忘れられなかったら戻ってきたときにまた付き合おう」と話すジェヨル。

 

 

 

 

涙を流しながらヘスは病院を去るのでした。

 

 

ヘスが旅立つことを既に知っていたドンミンとスグァンは落ち込んで帰宅したヘスを出迎えます。

 

 

そして翌日、元カレのチェ・ホに空港までの送迎を頼み、ヘスを明るく見送る二人でした。

 

 

一方ジェヨルは外泊許可をもらい、ラジオにゲスト出演することに。

 

 

ラジオ局の入り口では相変わらずの人気ぶりで出迎えられるジェヨル。

 

 

ラジオDJから「前に番組の最後に言っていたあの決め台詞をぜひやってみてください」と言われ話し始めます。

 

 

自分は知っての通り統合失調症を患っていること、自分を愛してくれる人たちのために希望を失わずにベストを尽くすこと、そして今夜は自分自身に本当に元気にしているか尋ね、温かい「おやすみ」を送ってほしい、静かに語り「今宵もGood night,チャン・ジェヨル」と締めくくりました。

 

 

その放送を聞いていたヘスや、ジェヨルの家族、ドンミンやスグァン。

 

 

それぞれが自分におやすみと呟くのでした。

 

 

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

1年が過ぎ退院したジェヨルは実家で兄や母親と暮らしていました。

 

 

すっかり黒髪に戻ったジェボム。

 

 

「ヨンジンは自分に気があると思う」と話すジェボムに爆笑の一同でした。

 

 

ジェヨルは小説をまた書き始め、ドンミンの元で集団治療も行っていました。

 

 

またジェボムもヨンジンの元で人との付き合い方を学ぶ集団治療に参加しています。

 

 

そしてジェヨルの母親とスグァンの父親も、ドンミンの元での治療に参加していました。

 

 

そしてついにヘスがシェアハウスに帰宅。

 

 

しかしそっけないドンミンとスグァン、そしてジェヨル。

 

 

苛立ちながらさっきの態度はなんだ、とジェヨルの部屋に押し入るヘス。

 

 

「本当に会いたかったよ」とジェヨルとヘスはハグを交わし、熱いキスをしているところにドンミンとスグァンが乱入。

 

 

みんなヘスが帰ってくるのを待ちわびていました。

 

 

そしてさらに1年後。

 

 

バスルームで呆然とするヘスの手には妊娠検査薬。

 

 

陽性反応がでた検査薬を見せられたジェヨルは無言で部屋を立ち去りました。

 

 

そして庭でくつろぐドンミンとスグァンの元へ行き検査薬を見せるジェヨル。

 

 

「俺、父親になるんだ」と宣言。

 

 

驚きを隠せないドンミンとスグァンでした。

 

 

 

 

ラジオDJに復帰したジェヨル。

 

 

ラジオ終了後にアイスを食べながら肩を並べて歩くヘスとジェヨルにファンの女の子が声をかけました。

 

 

「サインしてください」と言いながらヘスを押しのけるファンに「妻は妊娠中だから」と注意し、「二人の時間を楽しんでいるからサインはできない」と断るジェヨル。

 

 

ヘスさえいればファンはいらないとのろけるジェヨルに微笑むヘスでした。

 

 

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

大丈夫、愛だ 第16話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

ついに最終話を迎えました。

 

 

ジェヨルは病気を克服してまたいつも通りの生活を送っているようですね。

 

 

何よりヘスと無事に結婚し、妊娠までわかってハッピーエンドで本当に良かったです。

 

 

ジェヨルのラジオ出演のシーンでは心に響く言葉をいくつも話しています。

 

 

自分を労わる大切さを伝えるジェヨルの言葉を聞く家族やヘス達の表情はとても穏やかでした。

 

 

ジェヨルだけでなく、母親やスグァンの父親までも自分を省みて一歩踏み出している姿が見られました。

 

 

ジェボムも同じで、少しずつ恋心を持つ余裕も生まれてきたようです。

 

 

そしてヘスの家族もジェヨルの存在をきっかけにバラバラになりかけていましたが、1年経ってだいぶ状況は変わったようです。

 

 

何よりヘスの母親がジェヨルを歓迎している様子に視聴者は一安心したと思います。

 

 

家族や友人、恋人、夫婦など自分を取り巻く人々と心を通わせることは難しいけれど、とても大切で、少しのことで物事はずっと良くなるんだということが詰まったドラマでした。

 

 

誰の胸にも響く作品だと思います。

 

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓

 

 

 

大丈夫、愛だ 第16話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

終わってしまいました。

 

 

本当に本当によく泣いて笑って大好きなドラマでした。

 

 

人の心を読み取るのすごく難しいし、たぶん無理なんですが、言葉や行動でその人のことをどれだけ思っているか伝えることができれば、自然に心は開けると、このドラマを見て改めて思いました。

 

 

もし自分の愛する人が病気になったら、自分はどれだけ支えてあげられるか、誰もが考えると思いますが、そばにいることすら禁じられたヘスの気持ちを考えるといたたまれないですね。

 

 

しかも1年も離れて連絡も取らないなんて。

 

 

でもその結果、ジェヨルは病気を克服できましたよね。

 

 

相当の覚悟だったと思います。

 

 

なんだか大人の恋愛を見た気がします。

 

 

ジェヨルにはヘスはもちろん、兄や母もいて、ヘスにももちろん家族がいて…、誰も一人ではないということが強くメッセージとして伝わりました。

 

 

みんな一人じゃないし、誰かに頼ったり弱いところを見せたりすることも恥ずかしいことじゃない、たくさんのメッセージを送ってくれたドラマ「大丈夫、愛だ」。

 

 

見れば心が温かくなる、ぜひたくさんの人に見てほしい作品です。

 

春子がお勧めする他の韓国ドラマはこちら

↓↓↓

 

サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~ 第1話

 

韓国ドラマを無料で視聴するのはこちら

↓↓↓