チュンサン、ユジン、サンヒョクの父母の若かりし頃の恋愛が、次世代まで影響するとは、なんたることでしょうか。

 

 

あまりにも理不尽で子供達がかわいそうすぎます。

 

 

反対する理由をきちんと言わないと、話がますます複雑になると思うんですけど…。

 

 

ユジンとの関係性を知ってしまったチュンサンの苦悩と、なにも知らされてないユジンの無邪気さが相まって悲しくなります。

 

 

第1話はこちらからどうぞ!!

↓↓↓

 

冬のソナタ 第1話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

冬のソナタ 第17話 韓国ドラマ あらすじ 「障害」


 

 

チュンサンの母ミヒが、ユジンの母を訪ねてきました。

 

 

「チュンサンとユジンさんの結婚を止めてほしいのです。」と言うミヒにユジンの母はどうしたらよいのかわからず、サンヒョクの父に相談にいきますが、サンヒョクの父も二人の結婚には反対した方がよいと言います。

 

 

チュンサンとユジンは、キム次長とチョンアンのいるスキー場に行き、雪の中で高校時代の時のように楽しく過ごします。

 

 

チュンサンはユジンに、チュンチョンに戻ってユジンの母に結婚の許しを得ようと言います。

 

 

二人はチュンチョンに戻り、チュンサンはユジンの母に「ユジンさんと結婚させてください。」とお願いしますが、ユジンの母は「結婚は認められない」と言います。

 

 

チュンサンは、なおも一生懸命頼みますがユジンの母の気持ちは揺るがず、最後には席を立ってしまいます。

 

 

チュンサンとユジンは、まさかここまで反対されるとは考えておらず、不安な気持ちになってしまいます。

 

 

ユジンからも母にチュンサンと結婚したいと言いますが、チュンサンの母のミヒが絶対に許さないとユジンの母はユジンに言います。

 

 

「どうして?」と理由を聞くユジンに、ユジンの母は一枚の写真を見せます。

 

 

そこには、チュンサンの母、ユジンの父、サンヒョクの父の三人が写っているものでした。

 

 

スキー場に戻ったユジンは、キム次長からカフェに行くように言われます。

 

 

そのカフェはユジンがデザインした場所であり、そこでチュンサンが食事を準備して待っていました。

 

 

「ユジンが最初に作ったカフェだから、ここでの初めての食事をプレゼントしたかったんだ。」とチュンサンが言い、二人は食事を楽しみます。

 

 

チュンサンとユジンは食事を終えて、外に出ます。

 

 

ユジンはチュンサンに「映画で見たんだけど、コイン占いをしてみない?コインの表が出たら結婚できるの。」

 

 

コインを投げようとするユジンにチュンサンは「映画のコイン占いは、両面表が出るようになっているんだよ。」と笑顔でユジンを止めます。

 

 

ユジンの暗い表情から、ユジンの母が二人の結婚を許してもらえないのだと気づいたチュンサンは、結婚を認めてもらえるように二人で説得していこうとユジンに言います。

 

 

ユジンは、実はチュンサンの母ミヒがユジンの父とかつて婚約をしていたことを、ユジンの母が教えてくれたことをチュンサンに話します。

 

 

チュンサンとユジンが結婚することを聞いたサンヒョクは、チュンサンを飲みに誘います。

 

 

チュンサンから家族から結婚することを反対されていると聞かされたサンヒョクは、親子二代に渡る不思議な因縁に驚きます。

 

 

サンヒョクは、「チュンサンのお母さんが初恋に失敗してなかったら、君とユジンは兄妹だったかもしれないんだから、どんなに反対されても、君のお母さんには感謝しないとだめだよ。」とチュンサンに言います。

 

 

サンヒョクの言葉を聞いて、チュンサンは母ミヒに会いに行きます。

 

 

チュンサンは、ミヒからユジンとチュンサンは実は異母兄妹だと聞かされ愕然とします。

 

 

同じ頃、サンヒョクも父からチュンサンとユジンの秘密を聞かされ驚きます。

 

 

サンヒョクの父からチュンサンとユジンの結婚を止めるように言われたサンヒョクは、急いで車を走らせます。

 

 

スキー場にいるユジンの元へ帰ってきたチュンサンの辛そうな顔を見たユジンは、不安な気持ちになりますが、チュンサンは突然結婚式を挙げようと言い出します。

 

 

驚くユジンにチュンサンは、「誰に反対されても、僕と結婚してくれる?」と言います。

 

 

頷くユジンに、「僕もそうだよ。僕たちは10年も離ればなれだったんだ。もうこれ以上離れているのは嫌だ。」

 

 

ユジンは、深く悩みましたが、「あなたと結婚します。」と結婚を承諾しました。

 

 

その日の夜に二人だけで結婚式を挙げる約束をした二人は、タキシードとウェディングドレスに身を包みます。

 

 

教会の中で待っているチュンサンの元へゆっくりと歩き出すユジン。

 

 

「神様、罪深い僕をお許しください。」チュンサンはなにも知らないユジンの手を取り祭壇の前まで歩き出すのでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

冬のソナタ 第17話 韓国ドラマ 見所とは?


 

 

チュンサンとユジンの結婚を、二人の親たちが猛烈に反対する理由がついに判明します。

 

 

チュンサン母と、ユジン父は、婚約までした仲であり、チュンサンとユジンは実は血のつながった兄妹だというまさかの事実に驚きすぎて呆然としました!!

 

 

そんなこと、すぐには受け入れられませんよね(>_<)

 

 

結婚式を二人で挙げようとするのですが、チュンサンのユジンをもう手離したくない、だけど道徳的にしてはいけないこととわかっている心の揺れ動きが切ないです。

 

 

ユジンがウェディングドレスを着て、ただただチュンサンのことを信じている美しい花嫁さんなので、余計にかわいそうです(T_T)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

冬のソナタ 第17話 韓国ドラマ 春子の感想


 

 

チュンサン、ユジン、サンヒョクと、チェリンの恋愛は、高校生の頃の恋愛観を未だに体現しているような、まさに純愛と言える関係性だと思うのです。

 

 

あまりにも気持ちに真っ直ぐなので、がんばれ!と応援したくなりますし、チェリンの意地悪も子供っぽすぎて呆れながらも、結果的に許せる範囲だと思うんです。

 

 

驚くのは、チュンサン母、ユジン父、サンヒョク父の三角関係です!

 

 

昼ドラも真っ青のドロドロ加減で、おまけにその子供達に影響を及ぼすというダメなパターンですよね!!

 

 

ユジンの父は、亡くなっていますし、この状況を天国で見ていてやきもきしているだろうなとユジンの父の気持ちになってしまいました(T_T)

 

 

なんの意見も述べられないし、ユジンの母も夫にまさかの隠し子?!と悩んでいるでしょうし…。

 

 

チュンサンは、ただユジンが好きなだけなのに、他に何も望んでいないのに、肝心のユジンがまさかの妹とは、もう絶句です…。

 

 

それにしても、10年後のユジンは質素で、地味(すいません)だなあと思っていたんですが、話が進むにつれて、ミニョンさんと出会ってから本当に美しくなっていき(地味ですけど(^^;))ましたよね!!

 

 

チュンサンと本当にお似合いなので、二人が並んでいるシーンを見ると、幸せになってほしい!!と願ってしまいます(T_T)

 

 

次回の第18話のあらすじやネタバレはこちら

↓↓↓

 

冬のソナタ 第18話 韓国ドラマ あらすじやネタバレ、見所をご紹介!

 

 

スポンサーリンク